デザイン|【公式】ロイヤルシーズン赤坂|新築分譲マンション|
東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」駅 徒歩5分

  • 資料請求
  • 来場予約
  • 檜町サロン案内図

    現地案内図

  • 物件概要
  • トップ

  • コンセプト

  • 赤坂八丁目という地

  • デザイン

  • アクセス

  • NEWプラン

  • ロケーション

  • NEWクオリティ

  • 末長グループについて

DESIGN

日本建築思想を今に繋ぎ、
寛ぎを邸に込める。

喧噪から逃れた高台で、美しい眺めを享受し、ゆったりとした時が流れる「ロイヤルシーズン赤坂」。
外観は周辺環境と調和するよう質感と素材にこだわったマテリアルを採用し、味わい深い雰囲気を醸し出しています。
また、四季を彩る美しい植栽が暮らしに潤いをもたらします。
住まう方が心から安らげるよう、邸宅の本質的な価値をこの邸に込めました。

細部にこだわった 味わい深い素材。

質感の高い素材を吟味し、しつらえを磨くことで趣が生まれます。建物全体の印象をつくる外壁には、高級感を醸し出す表情豊かな風合いの石やアース系のタイルを採用し、周囲との調和を描きながら存在感を際立たせています。この地に相応しい唯一無二の住まいが生まれます。

※掲載の写真の色合い等は、印刷物のため実際とは異なります。また、採用素材は施工上の都合により変更になる場合があります。

四季を愛でる暮らし。

エントランスを抜けた建物両サイドにメインツリーのシャラが迎え入れます。また、ヤマボウシやサツキなど花の咲く樹種を選定することで、緑の潤いと共に季節の移ろいを感じる暮らしを演出します。

※植栽写真は、全てイメージです。植栽は計画段階のものであり、樹種等が変更になる場合があります。

四季を愛でる暮らし。

マンションの可能性を追求。

天井の高さいっぱいに大きく開口した窓の、のびやかな開放感は外の心地よさを身近なものにします。
窓はできるだけ大きいほうが心地よい」。このシンプルなセオリーを実現するために、マンションの構造自体から在り方を考え直し、可能性を追求しています。

リビングダイニング(モデルルームUタイプ)

リビングダイニング(モデルルームUタイプ)

住まいの基本を見つめ直し、 過去に実例のない提案を具体化。

住まいの設計には、数々の新しい提案を込めています。一般的に横並びでプランニングされる集合住宅は、開口部が2方向に限られた住戸が多数を占めていますが、独自の工法により、角住戸の多数設計が可能。戸建感覚の4面開口を基本に、コーナーサッシュや独立性の高いバルコニーなど開放感とプライバシー性を両立する集合住宅となります。コーナーガラスは床から天井近くまで大きく開口し、連なるワイドサッシュは採光・通風だけでなく、のびやかな空や緑など自然の恩恵に浴する住空間を作り出します。

主寝室(Uタイプ)

「アルファリゾート・トマム」の開発を手掛けた、建築家・上原秀晃氏とのコラボレーション。

建築家

上原 秀晃一級建築士事務所 株式会社ディーシービー

早稲田大学理工学部建築学科を卒業後は、国内外のホテル設計を担当。特に日本における本格リゾート開発の先駆けとなった「アルファリゾート・トマム」計画では企画調査から基本構想、
実施設計までトータルに手がけ、北海道赤レンガ建築賞を受賞。株式会社末長組とはこれまでに数多くの物件を手がけ、髙い評価を得ている。

応用と展開により、 新たな住まいの価値を。

分譲マンションのみならず、多彩な建築事業を手掛け、複合商業ビルやスポーツ・医療・学園施設等のほか、寺社・個人邸宅・店舗に至るまで、その実績は多岐にわたっている。一律化した建築領域に留まらないことが、技術を研磨し、柔軟な住まい空間への発想に繋がっている。

駐車場イメージイラスト※掲載のイメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。

外観〈バースシティ溝の口ティアラ〉

構造計画から考える住宅価値の本質。

私たちは、設計思想として、耐久性、耐震性、資産性という3つの観点から考えます。そこで、快適に住み継いでいただくために、土地形状にも柔軟な対応ができ、より快適で個性的な住空間を実現するプレストレスト鉄筋コンクリート構造(以下、PRC造)という建築手法を採用しています。「PRC造」の技術はもともと、100年ほど前にフランスで開発され、鉄道橋などに採用されていた吊り橋を支える技術で、メインケーブルからハンガーケーブルによって吊り下げられ引張力と圧縮力によって安定性と強度を確保し、安全性・機能性・耐久性に優れた技術となっています。「RC造」にプレストレストの技術を取り入れたものを「PRC造」と呼んでいます。「PRC造」では、コンクリート躯体が柱・梁・床であり、その内部にPC鋼材を配します。建物に圧縮力がかかった状態に置くことで、荷重、負荷を受けた際にコンクリートの引張応力を抑えることが可能となります。歪みを是正するとともに、ひび割れ(クラック)を抑制する効果があり、それが長寿命にも繋がるのです。住宅価値の本質は、住む方の安全性はもちろん、快適性と満足度を追求していくべきだと考えます。いかにして柱や梁が邪魔にならない“空間”を提供するか、採光や通風の利を最大限にする開口部とはどうあるべきか。住む方の視点に立って創意工夫し技術を磨いていき、これからも私の設計思想が末長グループの住まいづくりに貢献できるものと考え、新たな住まいの価値を共に創りだしていきたいと思います。

1990年
日本大学理工学部齋藤公男研究生修了。構造設計集団(SDG)を経て、1995年構造設計事務所(株)ジェーエスディーを設立。第1回日本構造デザイン賞を2006年に受賞。住宅から超高層まで幅広く手がけ、空間にあった合理性のある構造デザインを中心に設計活動する。

【受賞歴】

2006年
「K・Bビル」/第7回JIA環境建築賞 入賞(一般建築部門)、北海道知事賞、オフィス賞
2010年
第21回JSCA賞 業績賞/「プレストレストコンクリート(PC)構造の普及活動と技術の展開」
2011年
「青葉ヒルズ」/東京建築賞 一般二類部門 優秀賞
2012年
「高松丸亀町弐番街 参番街アーケード」/平成23年度高松市美しいまちづくり賞
2013年
「みのる認定こども園」/第7回キッズデザイン賞 子どもの未来デザイン 感性・創造性部門
2014年
「みどり認定こども園」/第8回キッズデザイン賞 子どもの未来デザイン 感性・創造性部門
2015年
「今寺保育園」/第9回キッズデザイン賞 子どもの未来デザイン 感性・創造性部門

構造家 

徐 光

※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。また家具・植栽等については一部イメージが含まれております。※植栽写真は、全てイメージです。植栽は計画段階のものであり、樹種等が変更になる場合があります。
※掲載のイメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。
※掲載のリビング・ダイニング(Vタイプ)完成予想図は図面を基にVタイプを描き起こしたものに現地にて撮影した眺望写真(6階相当・平成28年8月撮影)にCG加工を施して合成したものであり、実際とは多少異なります。また、設置しております家具・植栽等については一部イメージが含まれております。眺望等は将来的に保証されるものではありません。
※掲載のルーフテラス(Wタイプ)完成予想図は図面を基にWタイプを描き起こしたものに現地にて撮影した眺望写真(6階相当・平成28年8月撮影)にCG加工を施して合成したものであり、実際とは多少異なります。また、設置しております家具・植栽等については一部イメージが含まれております。眺望等は将来的に保証されるものではありません。
※掲載の室内写真はモデルルームUタイプを(平成28年12月)撮影したもので、オプション等が含まれており、実際の仕様とは異なる場合があります。家具・調度品等は価格には含まれません。

お問い合わせは
「ロイヤルシーズン檜町サロン」

フリーダイヤル0120-228-826

営業時間:11:00~19:00(毎週水曜日定休)
※携帯電話・PHSでもご利用いただけます。

Copyright Suenagakikaku Co., Ltd. All Rights Reserved.